オンラインカジノとソフトウェア会社は相互関係で

マイクロゲーミング

ソフトウェアを提供する会社は、自分のソフトを使ってオンラインカジノを作って欲しいと考えています。運営側であるオンラインカジノは、ソフトウェアを増やさないとゲームを増加させられません。ビデオスロットなどの種類がかなり多くなっている場合は、複数のソフトウェアの提供を受けて増やしているケースが多く、ソフトウェアの会社とオンラインカジノには、相互関係があると考えていいです。

これまでのプレイを反映させて新しいゲームへ

オンラインカジノは、新しいゲームを求めるために協力のあるソフトウェア会社にお願いします。ここで開発をするのですが、今までのデータをオンラインカジノは出しています。前回のソフトがこのような結果となり、的中率が予想以上に高くなっていることを示す傾向があります。ソフトウェア会社も、実際にプレイしてもらわないと確率がわかりづらい点があり、回してもらってデータを受け取っているのです。
受け取ったデータを確認し、これまでのプログラムが良いのか考えています。修正するところは修正して、プログラムを直して新しいゲームを提供しています。こうして昔のゲームよりも、新しいものは改善されている部分が多く、ゲームスピードや確率などの修正もしっかり行われるのです。

フィードバック

使ってもらったフィードバックはしっかり得る

オンラインカジノは、フィードバックを出すことで改善をしてもらったり、審査機関からの通告を回避しています。確率が低すぎることが分かるなら、テストプレイなどで修正して、新しいゲームの確率を上昇させます。逆に当たりすぎている傾向があるなら、適切な数字まで戻すこともあり、フィードバックを得ながらソフトウェア会社は直すことを繰り返します。
いい関係を持っていることで、ソフトウェアは正しい情報を提供できて、審査機関から確率がおかしいと指導されることがありません。問題が近年起きていないのは、確率を適正に作り出せる方法があるからで、それこそオンラインカジノでプレイしてもらったデータなどを提供してもらうのです。

ゲームの改善ができればユーザーも安心

ユーザーはプレイするだけではありますが、改善されないと確率が悪いと判断して、どんどん離れてしまうのです。離れることがないように、しっかりとゲームをプレイしていもらえるように、どんどん改善できるところは改善しているのです。
ユーザーを増やすためにも、オンラインカジノ側は色々やらないと駄目で、改善するスピードをソフトウェア側にも求めています。